テーマ株に投資してしっかり稼ぐ TOP

現物取引と信用取引の違いとは





大きく分けて株取引には現物取引と信用取引とがあります。 現物取引とは買った株券は証券会社が保管し、売るときは証券会社が売り先に渡します。 現物取引きならば損をしても自分の持っている株の範囲内です。

簡単に言えば現金でモノを買うのと同じ感覚なので、買値より株価が下がった分の損失は発生するものの、それ以上の損失はありません。

もうひとつの方法として信用取引と言う取引方法があります。 これは現物株を持っていなくとも一定割合の保証金を積めば、その保証金の一定倍までの株取引が出来ると言う取引方法です。

これをするには相当の情報と一刻一秒を争う決断力が必要です。失敗すると無一文にもなるからです。 株の初心者には現物取引以外はしないことをお勧めします。

株取引は始める前に日経新聞を読むなりして知識を得てから始めましょう。 株式は通常証券会社を通して行います。 今はネット証券と言ってインターネットで取引が出来る証券会社もあるようになりました。 そのため個人顧客も少しは増えているのかもしれません。

株取引は元金保証ではありませんし、財産全部がなくなってしまう場合もある取引だと言うことです。 その代り、もうかったときは大変なお金持ちになることもあると言うこともあります。

このように常に株取引はリスクが付きまとう投資なので、慣れないうちは「儲ける」ことより「損をしない」ことを心掛けるべきです。 そのためには現物取引で無理のない投資をすることが失敗しないための秘訣でしょう。

©テーマ株に投資してしっかり稼ぐ